ハピタスの経営戦略は?なぜ無料で利用できるのに金を稼げるか徹底解説

アフィリエイト

こんにちは、こっきーです。

 

今回は、ポイントサイト「ハピタス」が

ハピタス利用者にお金を提供しているにもかかわらず、

 

なぜ無料で稼ぐことができるのかを

僕なりに真剣に考えてみました。

 

「ハピタス」というポイントサイトは

僕自身、めちゃくちゃおすすめしているサービスですが、

本当に簡単にポイントをもらえちゃうんですよね。

 

年会費かからないクレジットカードを一回作るだけで、

数千〜数万円とか。

 

無料エステを受けに行って

数千円とか。

 

本当に楽にサクッと稼げちゃうので、

ハピタスは経営がきつくなっちゃうんじゃないか

って思いますね。笑

 

あ、ちなみに

まだハピタスを利用したことがないよ

って方はこちらから無料登録&利用できます。

ハピタス

 

あと、

インターネットビジネスに挑戦したいけど、

本当に稼げるのか不安って方は

まずハピタスを使い、

自己アフィリエイトとして

 

「インターネットを使って本当に稼げるんだ」

 

っていう感覚を得るのが

良いかと。

 

詳しくはこちらの記事で説明しています。

 

 

さて、

話が少しそれましたが、

ハピタスがどのようにして経営しているのかを

僕なりに言っていこうかなと思います。

 

今書いていて思いましたが、

もしこの記事を見ている人の中で

 

「ハピタスって怪しくね?」

「ハピタスとかいう変なサービス何がしたいの?」

 

と感じている方も

この記事を読み終わる頃には、

ハピタスの見方が変わっているのではないかなぁ

って思います。

 

あと今回は、

ハピタスに注目して

話していきますが

同じような戦略をとっている企業というのは

意外と多いです。

 

この話を読んで、

日常にあるビジネスのあり方に

少しでも関心が出てくれたら

僕も嬉しいです。

 

ではでは、本題に入りますね。

 

1.ハピタスはどんな役割を担っているの?何でお金を利用者に提供しているの?

まず、

ハピタスがどのような役割を担っているかが

この秘密に隠されていると僕は思います。

 

ハピタスのサイトを見てみると

主に必要とされているものが、

 

案件をくれる企業やサービス

案件を利用する人(つまり僕たちのこと)

 

と言えます。

 

ここからわかることは、

 

ハピタスは企業と利用者を結ぶ中継地点の役割をしている

ということです。

 

わかりやすく表すとこんな感じ。

 

企業(自分のコンテンツを多くの人に利用してほしい)

ハピタス(サイトで管理・中継)

利用者(お金・ポイントがほしい)

 

まず、企業側の考え方として、

 

1. 商品やサービスが売れるためには、

それを利用してもらう必要性がある

 

2. そして、

利用してもらう機会があることによって

継続的に再び利用してくれたり

その商品・サービスの存在を

知ってもらうことができる。

 

3. そのためには、

最初にお金を出してでも

利用者・購入者を増やす必要がある。

 

ということになります。

 

 

この考え方は

ビジネスを展開している上で

一般的であり、

 

CMなどの広告もこのような考え方から

成り立つものだと言えます。

(利用者が増えるように最初に投資をする)

 

 

つまり、

「ハピタス」という

「企業と利用者をつなぐ中継地点」にお金を出し、

利用者が増やす工夫をしている

ということがわかります。

2. 次にハピタスを利用する人たちについて、

 

ハピタスを利用する人は、

もちろん、

・どういったサービスが無料で受けることができるか知りたい

・現在、どういうサービスがあるのか体験してみたい

 

という目的で利用されている方もいるかとは思いますが、

 

ハピタスを利用する人は

基本的に

ハピタス経由で様々なコンテンツやサービスを受けることでお金を稼ぐ

 

という目的で利用されている方がほとんどです。

 

つまり、

お金(ポイント)をもらうために

ハピタスを利用し企業からのサービスを受けている

というわけですね。

 

企業側の考えていることと、

ハピタス利用者が考えていることに

お互いに利点があり、

Win-Winということです。

3. じゃあハピタスはどのようにして

自分に利益を得るようにするかというと

 

企業が提供する報酬とハピタス利用者がもらう報酬の差の分をもらうのです。

 

実際企業がどれくらいの報酬設定をしているのかは

わかりませんが、

 

少しわかりやすく説明したいと思います。

 

企業が一件あたりの報酬を1万とするサービスがあったとします。

そこでハピタスは利用者に報酬8千円としてそのサービスを紹介します。

 

消費者がその報酬8千円のサービスを行うことで

ハピタス側は、

1万円−8千円=2千円

 

一件そのサービスをハピタス利用者に受けてもらうことで

2千円の報酬をもらうことができます。

 

一件2千円の報酬を

例えば、ハピタス利用者全体で

月に50件受けてもらえるとすると、

 

2千円 × 50(件)=10万円

 

月にその企業から報酬分として、

10万円を獲得することができる

ということです。

 

このようにして、

利用者にたくさん企業からきた案件を利用してもらうことで

ハピタスにも利益が増える

ということになりますね。

また、ハピタス自体、

インターネットを使って経営しているため、

 

人件費を削ることができて

少ない人数でハピタスを管理することができています。

 

そのため、

より企業からの報酬を

よりハピタス利用者側に渡すことができるようになり、

ますます利用者に良い口コミができる

 

というわけです。

 

まさに

いい循環ですよね。

 

そのため、

楽天市場やApple公式サイトからも信用されて

すごい実績を叩き出しています。笑

 

このように

ハピタスはインターネットを利用した

れっきとしたビジネスであり、

 

ハピタスを利用して稼ぐ人も

自己アフィリエイターして

インターネットビジネスを展開する人だと言えますね。

2. ハピタスとか怪しいって思う方へ

 

これまで、長々と

企業・ハピタス利用者それぞれの考えとそのメリットから

 

ハピタス自身の理念というものを説明してきました。

 

「ハピタスってなんか怪しい・・・」

 

と思っている方は少しはその考え方が変わってきたでしょうか?

 

リアルだと認められるけど

インターネットで同じような戦略のビジネスを展開すると途端に、

認められなくなってしまい、

なぜか良いビジネスだと思われなくなる・・・

 

非常にもったいないなー

って思います。

 

手軽に、かつ

めちゃくちゃお金を稼ぐことができるのに、

 

自分のフィルターを張って

始めることさえ億劫になっている人は

僕から見ると非常に惜しいなぁ

って感じです。

 

知っているか知っていないかの違いだけなのに・・・。

 

少しでもハピタスはもちろん、

インターネットを使ったビジネスに

抵抗が薄れていたら良いなー。

3. さいごに

今回は、

ハピタスが無料で利用できて

お金を稼ぐことさえできるのに

なぜこのようなサービスがあるのか

 

について話していきました。

 

おそらく、

非常にわかりにくい説明であったとは思いますが、

 

少しでもハピタスを始めとする

インターネットビジネスに

抵抗感がなくなってくれたらなって

思っています。

 

僕自身、

めちゃくちゃハピタスを利用していて

本当に便利!!

って思うからこそ、

熱弁してきました。

 

これからの時代(今もそうですけど)、

インターネットを利用した様々なコンテンツが

日本、世界中に提供されていくと思います。

 

逆に、インターネットをうまく活用できていない企業や会社というのは

将来的に衰退していくと僕は思います。

 

なんかかなり大きいことを言いましたが、

要は、

インターネット社会の中で

上手に生きていくための第一歩として、

ハピタスを利用して賢く生活していこう!

 

ということが言いたかったのです。笑

 

実際、少し利用してみれば、

ハピタスの使い勝手の良さに気づくことができるかな

と思っています。

 

今回の話はここまで。

 

では!

 

 

もし、まだハピタスを利用したことがないよって方は

こちらからハピタスの登録をすることができます。無料ですよ。

 

ハピタス

 

行動力の早さは、あなたの人生を変えます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました