覚えるべきスペイン語の前置詞は7つだけ!書き方と役割を徹底解説

スペイン語の基礎・基本編
スポンサーリンク
マツ
マツ

スペイン語の前置詞を知りたいなぁ

ウメ
ウメ

スペイン語をマスターするためには前置詞を使いこなすことは必須だもんね。今回はスペイン語の前置詞について話していくよ

 

 

◎前置詞の特徴と役割

 

ウメ
ウメ

まずは本編に入る前に前置詞の特徴と役割について話していくね

 

ポイント1. 名詞の前に置き、単語と単語をくっつける役割がある

 

ウメ
ウメ

前置詞は英語も含めて名詞の前につくよ

マツ
マツ

英語と同じ要領でスペイン語の前置詞も考えればいいんだね

 

ポイント2.最重要な覚えるべきスペイン語の前置詞は7つだけ!

 

ウメ
ウメ

よく使われる前置詞は7つだけだよ

マツ
マツ

7つか。それぐらいなら気合いで覚えられるか…

ウメ
ウメ

それじゃあ前置きはこれぐらいにして本編に入るよ

 

◎スペイン語の前置詞まとめ7つ

 

ウメ
ウメ

まずは「〜へ / 〜に」を意味するスペイン語から!

マツ
マツ

英語の「to」「at」にあたる単語だね

 

前置詞①a(ア)「〜へ(場所)」「〜(時間)に」

 

ウメ
ウメ

どっちへみたいな感じで方向を表したり、何時に〜みたいなピッタリと指定するような場面でも使われるよ

マツ
マツ

「a」だけだから覚えやすいな(笑)

ウメ
ウメ

でも発音は英語の発音と同じじゃないからつられないように注意してね

 

前置詞②de(デ)「〜の」「〜できた」

 

ウメ
ウメ

所有とか所属する意味で「de」を用いられるよ

マツ
マツ

英語の「of」みたいな意味だね。「de」ってなんかスペイン語っぽい

 

前置詞③con(コン)「〜と(一緒に)」

 

ウメ
ウメ

人の名前とかと一緒につけて「〜と」って意味がつくよ

マツ
マツ

これは完全に英語の「with」に当たるね!

 

前置詞④para(パラ)「〜のために」

 

ウメ
ウメ

「〜のために」を表すにはparaを使うよ

マツ
マツ

英語の「for」と同じ意味だね!

 

前置詞⑤en(エン)「〜の中で(に)」

 

ウメ
ウメ

「〜の中にいるよ」ってことを言いたい時に使うのがenだよ

マツ
マツ

英語の「in」みたいだね。っていうか少し英語と似てる?

 

前置詞⑥desde(デスデ)「〜から」

 

ウメ
ウメ

これは場所や時に使えるdesde「〜から」だよ

マツ
マツ

英語の「from」やな。てか次で最後か!

 

前置詞⑦hasta(アスタ)「〜まで」

 

ウメ
ウメ

これも「desde」と一緒で場所・時とかに使えるよ

マツ
マツ

最初の「h」は発音しないってことも注意しないとね

ウメ
ウメ

この7つの前置詞を踏まえておくだけで全然表現の幅が広がると思うから頑張って習得してね!

 

 

スペイン語の前置詞まとめa「〜へ(に)(場所・時間)」=to / at

de「〜の」「〜できた」=of
con「〜と(一緒に)」=with
para「〜のために」=for
en「〜の中で(に)」=in
desde「〜から」=from
hasta「〜まで」=until / to

 

 

スペイン語の基礎・基本編
スポンサーリンク
スポンサーリンク
もしこの記事を読んで役に立った!と思われたら、SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
こっきーをフォローする
スポンサーリンク
俺得大学

コメント

タイトルとURLをコピーしました