スペイン語で数字を表すには?言い方と法則を徹底解説!(100まで)【uno, dos ,tres】

スペイン語の基礎・基本編
スポンサーリンク
マツ
マツ

スペイン語で数字ってどうやって言うんだろう

ウメ
ウメ

じゃあ今回はスペイン語の数字について話していくよ

 

◎スペイン語で0から15

 

ポイント0:cero(セロ)
1:uno(ウノ)
2:dos(ドス)
3:tres(トレス)
4:cuatro(クアトロ)
5:cinco(スィンコ)
6:seis(セイス)
7:siete(シエテ)
8:ocho(オチョ)
9:nueve(ヌエベ)
10:diez(ディエス)

 

マツ
マツ

10到達!

 

ポイント11:once(オンセ)
12:doce(ドォセ)
13:trece(トレセ)
14:catorse(カトルセ)
15:quince(キンセ)

 

マツ
マツ

11から15の中で14だけが最後「se」で終わってるね

ウメ
ウメ

勢いで14も「catorce」にしないでね!

ウメ
ウメ

15まではそれぞれにちゃんと名前があるけど16以降は今までのと少し変わるから気をつけてね

 

◎スペイン語で16から30

 

ウメ
ウメ

16から30まではちょっと特殊で10の位 + i + 1の位でつなげるよ

マツ
マツ

しかもさらに16から19までは「diez」の「z」が「c」になるよ

マツ
マツ

んー言葉で説明されてもわからんから早く教えてくれ〜

 

ポイント16:dieciséis(ディスィセイス)
17:diecisiete(ディスィシエテ)
18:dieciocho(ディスィオゥチョ)
19:diecinueve(ディスィヌエベ)
20:veinte(ヴェインテ)

 

マツ
マツ

20到達!

 

ポイント21:veintiuno(ヴェンティウノ)
22:veintidós(ヴェンティドス)
23:veintitrés(ヴェンティトレス)
24:veinticuatro(ヴェンティクアトロ)
25:veinticinco(ヴェンティスィンコ)
26:veintiséis(ヴェンティセイス)
27:veintisiete(ヴェンティシエテ)
28:veintiocho(ヴェンティオゥチョ)
29:veintinueve(ヴェンティヌエベ)
30:treinta(トレインタ)

 

 

◎30以降の1の位

 

ウメ
ウメ

30以降の1の位は30までとちょっと違って10の位 + y + 1の位だよ

 

ポイント例:31:treinta y uno(トレインタ イ ウノ)

 

マツ
マツ

「y」を足せばいいんだね

 

◎40から100まで

 

ポイント40:cuarenta(クアレンタ)
50:cincuenta(スィンクエンタ)
60:sesenta(セセンタ)
70:setenta(セテンタ)
80:ochenta(オチェンタ)
90:noventa(ノベンタ)
100:cien(ciento)(シエン)

 

マツ
マツ

少しずつ覚えていこうっと。

 

 

スペイン語の基礎・基本編
スポンサーリンク
スポンサーリンク
もしこの記事を読んで役に立った!と思われたら、SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
こっきーをフォローする
スポンサーリンク
俺得大学

コメント

タイトルとURLをコピーしました