【心理学】期間限定、今だけ○○が購買欲を掻き立てる【スノッブ効果】

心理学
スポンサーリンク

こんにちは、こっきーです。

 

僕の母親は、

「期間限定」「数量限定」

という言葉に弱いです。

 

夏限定で売っている菓子パンとか

期間限定で販売される味のものとか

よく買っていたんですよね。

 

本人も自覚しているらしく、

「期間限定って言葉に弱いんだよねー」

って言っていました。笑

 

普通に販売していたら

買うはずもなかったものも、

 

「期間限定」「数量限定」

なんて言葉をつけるだけで

消費者に購買欲を底上げしちゃうわけですよ。

 

単純にこれを考えた人って

すごいなーって思います。

 

うまく人間の心理を活用した

マーケティングですよね。

 

 

で、本題に入るんですが、

 

この期間限定とか数量限定という

パワーワードに隠された心理学について

話していこうかなと思います。

 

 

ズバリ結論から言うと

これには「スノッブ効果」

という心理が関わっています。

 

詳しく話していきますね。

スノッブ効果とは?

 

「スノッブ効果」とは

人は限定されたものや制限された商品に対して

気になり購入したいと思うようになる心理のことです。

 

今回の場合で言えば、

期間限定だとか数量限定とかって言葉が

スノッブ効果に当てはまりますね。

 

「今の時期しか買えない・・・」

「あと数個で売り切れる・・・」

 

そんな気持ちが購買欲を刺激するんですよね。

 

僕の親はこのスノッブ効果によって

まんまと罠(罠と言っては語弊がありますが)に

はまっているわけです。

 

めちゃくちゃいい戦略だと

思います。笑

 

心理学でありふれた日常生活

 

僕自身、心理学を本格的に

学ぶようになってから

改めて気付いたことは

 

「世の中、心理学で溢れている」

 

ってことです。

 

以前だったら心理学が

応用されていることにさえ

気づかなかっただろうけど・・・。

 

でも、心理学を学ぶようになって、

テレビのCMとかを見ている時とか

外に出て出かけてみた時とか

 

いろんなところで心理学を基に

説明できるような戦略が隠されているんですよね。

 

まあ、企業や販売者が相手にするのは

人間である僕たちですからね。

 

人間の心理を考慮するのは

当たり前といえば当たり前なんですが。

 

まだまだ僕が知らない

日常に隠された心理術がたくさんあると思うので

これからも学び続けていきたいですね。

 

それでは!

 

心理学
スポンサーリンク
スポンサーリンク
もしこの記事を読んで役に立った!と思われたら、SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
こっきーをフォローする
スポンサーリンク
俺得大学

コメント

タイトルとURLをコピーしました