楽天スーパーセールとは?メリットと活用術を徹底解説

ライフハック
スポンサーリンク

よくテレビCMなどで宣伝されている「楽天スーパーセール」。実際どういうものなのかについてとこの楽天スーパーセールをうまく活用する方法について話していきたいと思います。

 

◎楽天スーパーセールとは

まずは楽天スーパーセールをよく知らない人に向けて、どういうものなのかについて話していきます。結論から言えば、楽天が行っている毎年4回あるスーパーセールです。

 

まあ、言っちゃえばそのまんまですね。ネットショピングの際に期間限定で年に4回あるセールってことですね。この4回というのはだいたい月が固定化されていて、3月、6月、9月、12月の上旬にあることが多いです。

 

この時期に合わせて今まで買いたいと思っていたものを通常よりお買い得に購入したりだとか、絶対に使う日用品を爆買いしたりするのに利用するのが賢い使い方かなと個人的に思ってます。

 

特徴として、

・楽天スーパーセール中はAmazonよりも安く購入できることが多いです。

 

楽天にとって憎きライバル業社と言っても過言じゃないAmazonを出し抜くことができる期間って言えますね。

 

◎楽天スーパーセールを制するための攻略法

楽天スーパーセールの攻略法をいくつか紹介できたらなと思います。

 

SPUをうまく活用する

まず、この攻略法を話す前に楽天市場のある種の特色について一つだけポイントを話していこうかなと思います。そのポイントとはズバリ、

 

・楽天市場では楽天ポイントをもらえる機会が多い

 

ということですね。

楽天市場の公式ページを覗いて PCだったら試しに適当な商品を選択して右上にマウスを動かしてみるとSPUというものがあります。

こんな感じで商品を購入後にどれだけ楽天ポイントがもらえるのかわかるようになってます。どういうことかというと、楽天のサービスを利用しているだけでポイントがアップするんですね。

 

例えば、無料の楽天カードを発行して楽天カードを通して購入するだけでポイントが2倍効果がついたり、有料の楽天プレミアムカードの場合だったら さらに2倍がついたりもします。

 

ちなみにこれはカードのポイントとは別でですよ。カード内にもポイントが付くので実際はさらにお得です。正直、これらに書かれてるポイント倍にするキャンペーンを全部こなす必要はないですけど、個人的には楽天カードと楽天銀行を契約してポイント4倍にして購入するのをオススメします。どっちも無料で契約できちゃいますし、簡単に契約できますからね。

 

「5」or「0」が付く日にできれば楽天カードで購入しよう!

実は知らない人も結構いますが、「5」か「0」で楽天カード決済で購入することでさらにポイントが増えるんです。そうすることでポイントが5倍(+2%アップ)になります。

 

どうせ楽天スーパーセール中に買い物するなら5か0がつく日にうまく買うことで楽天スーパーセールの中でもさらにお得になるんですね。地味にでかいですよね。

 

楽天スーパーセール中だとさらにポイントがつくことも?

 

楽天スーパーセール中の商品の中に「ポイント10倍」と表示されている商品の場合はこれまで話したポイント倍に加えて+10倍がつきます。下のような感じに表示されています。

 

例えば同じような商品でもこう言ったポイント10倍と書かれた商品があるのでそこも注意して商品選びするのもアリですね。あと、地味に「送料無料」と書かれている商品を選ぶのも合計金額を考える上では重要だったりします。

 

注意!楽天スーパーセール中に気をつけるべきこと!

それは、普段よりも安いからといって、不必要なものを買わないようにすることです。

 

いつもだったら絶対に買わないものなのに、なんとなく商品を探していたらめちゃくちゃお買い得だったからついつい買っちゃったみたいなことが起きてしまうのも楽天スーパーセールの特徴だったりします。

 

例えば、ついつい余分なものまで買っちゃうという人は、もうきっぱりと普段から使う日用品や生活品だけを見るっていう対策をするのもアリかもです。前々から「これが欲しい」っていうもの以外は日用品・生活品だけしか見ないようにするって決めとくと買いすぎを予防できたりします。

 

楽天スーパーセールだからといって、お祭り気分のようにバンバン買っちゃうんじゃなくて、賢く、必要なものだけを買うってことが大事かもですね。

 

それでは!

 

 

ライフハック
スポンサーリンク
スポンサーリンク
もしこの記事を読んで役に立った!と思われたら、SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
こっきーをフォローする
スポンサーリンク
俺得大学

コメント

タイトルとURLをコピーしました