サイコろまんちかという心理学の面白さをグングンと引き出してくれる最高の漫画

日常

どうも、こっきーです。

 

僕のお気に入りの漫画の一つに

「サイコろまんちか」という漫画があります。

 

サイコろまんちかという漫画では、

学生たちがより日常に刺激を与えてリア充になっていくために

心理学を応用していくギャグ漫画です。

 

いろんな個性あふれる人物が

登場してきてめちゃくちゃ面白いですよ。

 

個人的にこの漫画がとてもオススメなので

今日はその話をしていこうかと思います。

サイコろまんちかについての軽い説明

 

まずは軽い説明から。

 

心理学研究会というサークルの部長として、

心理学を極めた主人公の周りで

困っている人たちが相談しにくるんですね。

 

 

例えばサイコろまんちかのなかでは

クラスのなかで一番のデブ、

そしてみんなから嫌われていた子がいたんですね。

 

嫌われている理由は

太っていて見た目が気持ち悪いから。

 

 

そんな彼女が主人公の元に相談してくるんです。

(たまたま主人公とその子は同じゲームにはまっていて意気投合)

 

 

「心理学を使ってデブを直すことができないか?」と。

もちろん、答えは「Yes!なおせるよ」。

 

で、結果的に心理学を

使って見事痩せることに成功した彼女。

 

しかしみんなから一目置かれるような存在になり、

他人を見下すほどのプライドの塊になってしまったんです。

 

そんなこんなで主人公さえも見下すほどに。

 

結果として主人公は助けることをやめ、

見事彼女はリバウンド成功!

という最後です。

 

最後はやはりギャグ漫画らしい展開ですね。笑

 

 

他にも人間関係に悩んでいる人を助けたり、

恋愛がうまくいかない人にアドバイスをしたり、

とにかく心理学を日常に応用しまくっています。

 

てな感じで、心理学を極めた主人公が

様々な問題や悩みを解決していくわけですが

 

主人公が大好きな人はいくら心理学を勉強して応用しても

どうしてもオトスことができない〜

というとても面白い漫画です。

 

その漫画の中でも様々な心理学が出てくるわけですが、

改めて心理学の可能性を感じることができました。

 

 

面白おかしく描かれていますが、

この作品で紹介されていた心理学

というのは本当に実在していて

 

現実に(と言っても漫画の中ですけど)、

応用していてとてもわかりやすい内容でした。

僕自身、この漫画の主人公のようになるために

日々心理学を勉強している最中ですけど、

 

僕はもっともっと心理学の可能性を広げて、

ビジネスやコンサルタントなんかにも応用しようと考えています。

 

人生一度キリですからね。

どうせなら充実した質の濃い生涯を過ごしたいです。

 

そのためにも心理学を極めて

どんどん日常レベルで応用していきたいなと

改めて実感しています。

 

 

「サイコろまんちか」に関しては非常に読みやすくて

面白いコンテンツなので一度読んでみても良いかもしれませんね。

 

それでは!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました