パスポートの作り方すらわからなかった自分が成長した話

ブログ

どうも、こっきーです。

 

いやー、成長しましたねー。

 

先日、パスポート(旅券)を

申請しに行ったんですけど、

 

パスポート作るのって

時間がかかるし、

めちゃくちゃ大変ですね。

 

で、なんでパスポートを

申請しなければならなくなったのかというと、

 

僕の大学(の学部)は

大学2年生になると留学プログラムとして、

アメリカに行くことになっているんです。

 

実は以前(といってもかなり昔ですが)に、

海外旅行に行ったことがあります。

 

なので自分のパスポートをもつこと自体は

はじめてじゃないんですですけど、

 

あまりにも古すぎて

有効期限が切れてしまっていたんですね。

(ちなみにパスポートの有効期限は5年か10年です)

 

ということで新しく申請することに。

 

前置きが長くなりましたが、

今日はパスポートの話をしていきたいと思います。

パスポートの作り方をざっくりと説明

 

何といってもパスポートの作り方を

わかってもらうためにざっくりと

パスポートの所得までの手順を説明しますね。

 

まず、手順として

 

1.市役所や区役所等で、「一般旅券発給申請書」を取りに行く

(旅券センターで直接書くこともできるかと思いますが上記をお勧めします)

 

2.申請書を記入する

 

3.パスポート用の写真を撮る

(ちゃんとした写真屋で撮る方が確実です)

 

4.旅券センターにて申請

 

5.六日後以降より再度旅券センターに行き、パスポートを受け取る

 

って感じですかね。

 

1〜3までが意外に大変でしたね。

 

なんせそれぞれで行く場所が違うわけですから

結構時間がかかってしまうんです。

 

パスポートに限ったことじゃないですが、

やっぱり早め早めの行動が大事になってきますね。

 

なんだかんだ言って

パスポートを完成させるまでに

2週間ぐらいは見る必要があるかなー、

って感じます。

 

重要なことだからあえて難しくしてある

 

で、パスポートを作るのって、

想像以上に大変だなーって言うのが

今回の経験で感じました。

 

でも、なんでここまで

大変にしてんのかなーって考えた時に、

 

パスポートって自分の身分証になる

ぐらいの価値があるものなんですよね。

 

だから、あえて難しくして

軽い気持ちで作ることが

できないようになっているなー

って思います。

 

もちろん、手続きとかの関係で

時間的に長くなってしまうという点もあるかと思いますが、

 

それよりも前述の理由が

大きいかなと個人的に思います。

パスポート作成が自分は成長させた

 

自分で1からパスポートを作ることを通して、

また自分のレベルが上がったなーと感じます。

 

自分でリサーチして

やり方を調べて、

 

必要なものを準備して、

 

ミスのないように気をつけて、

 

自分の足で旅券センターまで行って

申請・受け取りをする。

 

話してみると容易に

感じるかもしれませんが、

 

何も知らない状態の僕が

適切にパスポートを作成できたのって、

なんか嬉しいですよね。

 

また、パスポート事情とかも

知ることができて

また一つ知識が増えました。

 

この経験はいずれどこかで、

役に立つと思います。

補足:出国税について

 

2019年1月7日から日本で

「出国税」というものが新しく出来たました。

 

突然、ポンって感じで

出来たのでみんなも最初は戸惑いがあったみたいです。

 

金額は1000円。

 

まあ何とも高いような

ちょうどいいような微妙な値段を設定してきますよね。

 

聞くところによると、

日本を出国する人から

日本人、外国人問わず

かかる税のようです。

 

この出国税について、

賛否両論あるかと思いますが

払わないといけないことは確かなので

忘れないようにしたいですね。

まとめ

 

ただパスポートを作ったよ、

って話にもかかわらず語ってしまいました。

 

今回の経験に限ったことじゃないけど、

何か新しいことを自分が進めるって

新鮮で刺激がありますね。

 

もろにアドレナリンがガンガン出て、

非常に良い経験になりました。

 

これから何か新しい事に

挑戦するときがあったら

 

ぜひとも自分から率先して

どんどん経験していきたいですね。

 

それでは!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました