インプットとアウトプットの重要性と具体的な効果を徹底解決

学習
スポンサーリンク

インプット?アウトプット?聞いたことがあるけどいまいちわかんないな

 

 

 

今回はインプット、アウトプットとは何か、どんなメリットがあるのか、どんなことを意識してやったほうがいいのかなどについて話していこうかと思います。

 

勉強(アウトプット)と実践(アウトプット)

 

僕のブログを普段から見てくれている人だと気づくかもしれませんが、僕はこれまでインプット・アウトプットという言葉を散々口にしてきたかと思います。

 

もう一度言っときますね。

 

勉強(インプット)と実践(アウトプット)をしていきましょう。僕もずっとやってきましたし、今でも大事なことだと思っています。

 

ここまで言うのは、それほど重要なことだからなんですね。結局一番効率の良い知識の吸収方法ってこれなんです。

 

と言ってもなんじゃそりゃってならないように分解して説明していきますね。

 

インプット(勉強)の概要と応用

勉強、インプットというのはすなわち、知識や情報、コンテンツ内容なんかを自分の頭の中につっこむことを言います。

 

つっこむために必要となるのが本や情報商材、いわゆるコンテンツと呼ばれるものですね。

 

ちなみにインプットの際に重要なことは「何度も繰り返しコンテンツを読み返すこと」です。

 

ゆっくり長時間かけて一回コンテンツを見るのかと、少しペースを上げて何回もコンテンツを見るのかどっちのほうが吸収率が良いかというと、圧倒的に後者です。

 

マジで時間かけて一回読むより繰り返し読むようにすると何倍も効率が良くなりますよ。

 

割と、人間って一回で満足しちゃうので、何度も繰り返しコンテンツを吸収するように意識するといいかもしれません。

 

やっぱり人って完璧主義なので目的と手段が入れ替わっちゃうんですよね。これは意識しとくポイントですね。

 

ちなみに完璧主義について書いた記事はこちらにあります。完璧主義ってなんぞやって言う人はどうぞ。

 

アウトプット(実践)の概要と応用

実践、アウトプット。

 

結論から言うとアウトプットとは、学んだこと、インプットした知識、ノウハウを口に出したり人に言ったり、教えたり、自分の頭の中から出すことを言います。

 

割とみんな怠りがちですが、実は実践、アウトプットってめちゃくちゃ大事な要素です。

 

せっかく勉強してインプットしても実践、アウトプットをしないだけで、効果がだいぶ変わってきます。

 

アウトプットをしないのは呼吸をしないのと同じ

 

ズバリアウトプットの重要性を言い換えるなら呼吸と一緒ですね。

 

息を吸うだけだと生きるのに必要な酸素とかは手に入るけど、ずっと吸ったままだと逆に苦しくなってきます。

 

もちろん、勉強、インプットもめちゃくちゃ大事です。

 

吐く空気さえなかったら、呼吸とかそれ以前の問題になってきますからね。

 

それこそ、呼吸みたいに勉強(インプット)、実践(アウトプット)すると良い効果が期待されます。

 

少し自分の呼吸を感じてみてください。

 

 

どうですか。

だいたい吸う量と吐く量、同じくらいじゃないですかね。

 

勉強(インプット)と実践(アウトプット)も1:1がちょうど良いんです。

 

あ、でも初期の段階では少し勉強の量を増やしてもいいかもしれません。

 

最初は勉強(インプット)を多めで少しずつ、1:1に近づけていくのが理想です。ここらへんは臨機応変に変えてみるのが一番ですね。

まとめ:これらをする上で重要なこと4つ

今回の話をまとめると、

 

・この二つのサイクルが効率良くてめちゃくちゃ大事
・勉強(インプット)は何度も反復する
・実践(アウトプット)忘れがちだけど、意識して行う
・最初は勉強(インプット)>実践(アウトプット)、徐々に1:1に

 

という感じですね。

 

学ぶ上でかなり重要な概念なので常に意識するといいかもしれません。

 

学習
スポンサーリンク
スポンサーリンク
もしこの記事を読んで役に立った!と思われたら、SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
こっきーをフォローする
スポンサーリンク
勉学のすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました