「やらない善よりやる偽善」最高でシンプルな概念【フードロス】

日常
スポンサーリンク

どうも、こっきーです。

 

人のためになるようなことをするときに、

恥じらいとか、億劫になってしまっている人へ、

ちょっとした話をしたいんですけど、

 

結論から言うと、どんどん善いことをやっちゃいましょう。

 

「偽善」、「自己満」と叫ばれる時代

 

最近だと「偽善」とか「自己満」とか、

インターネットなんかではよく言われていますよね。

 

YouTubeなんかである有名な人が

善いことをしたりするだけで、

なぜか批難されたりしてしまいます。

 

その影響を受けてか、リアル世界でも

人のためになることも

なんとなくやりにくくなるみたいな。。。

 

もうとにかく負のスパイラルが起きているわけです。

 

そんな中で

「やらない善よりやる偽善」という言葉があります。

 

この言葉は行動の真理をよく示していますよね。

 

ちなみにこの言葉は僕の座右の銘の一つでもあり、

普段から意識していることです。

 

やらない「善」からは何も生まれない

 

やらない「善」からは何も生まれません。

 

当然ですよね。

何もやっていないわけですからね。

 

いくら「善」だと思っても

やらなければそれは「善」でも何でもありません。

 

例えば、

「一億円貧しい国へ寄付する」ことが良いことだとしても

やらなければ「0円」です。

 

その貧しい国は昔と変わらない状態です。

一ミリも「善」のおかげで改善していません。

 

それだったら、

「買い物をした時に出たおつりをそのまま募金箱に入れる」方が

変わるわけです。

 

たとえ、偽善と言われようと

その行動によって少なくとも前者よりは変化が起きます。

 

行動している「偽善」は「善」でしかない

 

たとえ「偽善」と言われようが、

行動さえしていればそれは本当の「善」となります。

 

偽善だって、自己満だって、

行動していればその後の結果が変わってきます。

 

その行動が「善」であろうと、「偽善」であろうと、

関係ありません。

 

その行動自体に意味があるんです。

行動そのものに価値を置くことが大切だと思います。

 

「偽善」でもいいから行動する、

それが「善」の本質であり、すべてなのです。

 

情けは人のためならず理論

 

また、ある言葉で、

「情けは人のためならず」というものがあります。

 

これは、

情け(良いこと)をしたら、

巡り巡って自分にも情け(良いこと)が降りかかってくる

という意味で知られていますが、

 

これは「偽善」と言われるようなことでも同様に言えます。

 

たとえ、その行動が「偽善」と言われても、

行動することでそれは自分にもメリットがあるわけです。

 

 

有名YouTuberヒカキンさんも

以前までは「偽善」などと非難されていましたが、

行動を続けた結果、感謝され、高く評価され、

結果的に「善」となったのです。

 

「偽善」も行動をする、続けることで

「善」と変わります。

 

そして、最後には自分にも大きな良いことが待っているんです。

僕の小さな「偽善」

 

少し僕が実際に行っている「偽善」について

話していきたいと思います。

 

「The Hunger Site」という海外のサイトですが、

クリックするだけで、スポンサーが貧しい国の人たちに

食べ物を供給してくれます。

 

僕はこの存在を大学の講義で聞いて知りましたが、

あまり日本では広く知られていない印象がします。

 

 

 

↑とある場所をクリックしていくだけなのですぐにできます。

(無料です)

 

これをやるってなんとなく偽善者のように感じるし、

そんなことよりも直接お金を送れよと思う人もいるかもしれません。

 

しかし、

たとえ偽善だとしても行動すれば現実的に変わっています。

 

実際、このサイトを紹介したのも偽善かもしれません。

 

でもその結果このサイトを知る人が増え、

クリックをする人が増えれば

より多くの人に食べ物を供給することができるわけです。

 

インターネットを通して、

より多くの人が参加してくれれば良いなと思っています。

 

ぜひ、時間があるときでもいいのでやってみてくださいね。

それでは!

 

日常マインド
スポンサーリンク
スポンサーリンク
もしこの記事を読んで役に立った!と思われたら、SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
こっきーをフォローする
スポンサーリンク
俺得大学

コメント

タイトルとURLをコピーしました