人生の中で「自由に」使える時間の少なさを知ってみよう

マインド
スポンサーリンク

こんにちは、こっきーです。

 

突然ですが、

人生って短いですよね。

 

今の時代医療技術が発展して

人間100歳まで生きる可能性が

高くなっているのは確かですが、

 

それでもたったの100年。

 

僕個人が思うに、

100年ってあっという間だと

感じます。

 

と言っても、昔の時代は

「人間の一生は50年に過ぎない」

 

なんて言われていた頃に比べれば

今はずいぶんと長く生きることが

できるようにはなりましたが・・・

 

で、ふと思ったんですが、

自分が自由に使える時間って

 

どれくらいなんだろうって

考えるようになりました。

 

100年ある中でも

僕たちは生活する上で

限りある時間を削っているわけですよ。

 

本当に使える時間って

どれくらいなんだろうって

思いません?

 

 

ってことで

簡単ですけど軽く計算してみようかなと

思います。

 

考慮するのは、

 

・睡眠

・ご飯や風呂などの家事等

・仕事

・学業

・インターネットを触る時間

 

としますね。

 

他にもテレビの視聴時間とか

移動時間などもありますが

個人差があると思うので

省略します。

 

(自分で計算してみるとより正確な時間がわかるかもです)

 

 

ということで計算してみます。

 

睡眠

 

まず睡眠について、

日本人の睡眠時間は

平均470分だと言われています。

(他の国と比べて日本人がダントツで睡眠時間が少ないです)

 

470分=7.83時間なので

人生の32.6%ぐらいを

睡眠時間に費やしている

ということが言えますね。

 

人生100歳まで生きたとしたら

32年は睡眠というわけですね。

 

って考えるとだいぶ寝ていますね。笑

(それでも日本人は睡眠時間少ないらしいけど)

 

日常生活

 

で、次にご飯とか風呂とか

いわゆる生きていく上で

必須な習慣について、

 

ご飯を食べる時間を30分として×3(食)

(ご飯を作る時間は今回考えないことにしますね)

 

風呂に20分、洗濯やら掃除やらで

 

合わせて、人生の10%を(1日2、3時間程度)

これらに費やしています。

 

100歳まで生きれば10年ですね。

 

ってことは

その10%を占める行動の中で、

 

楽しくやるのと

ただ欲求を満たすために

やるだけのとでは全然違いますよね。

 

どうせなら食事に何も考えずに

食べるのではなくて、

 

例えば家族と楽しく食べたりだとか、

食事の一口一口味わって食べたりするだけでも

いいかもしれませんね。

 

 

さて、

まだ二つしか紹介していないにもかかわらず、

もうすでに人生の半数近くを他ごとに費やしていますね。

 

恐るべし・・・

 

ということでどんどん計算していくよ!

仕事

 

仕事について、

これは個人差があるとは思いますが、

 

まあわかりやすく

大学卒業後から(23歳)

定年まで(65歳)として

 

どうやら労働者全体の一年間の労働時間は

年間1746時間らしいので

 

1746時間÷24(時間)=72.75(日)

 

72.75(日)÷365(日)×100(%)=19.9%

 

ってことは人生の20%

仕事に費やしていると言えますね。

 

仕事が占める割合もまた大きいですね。

 

いかに充実した楽しい仕事を選ぶことの

重要性というのがわかると思います。

 

つまらない仕事に

人生の20%を取られたくないですもんね。

 

どうせならやりがいのある

やっていて自分が楽しいと思える仕事に就きたいですよね。

学業

 

次に学業について、

小学校から大学までの

16年間続けてきた、

あるいは続けていることになります。

 

もちろん、丸々16年ずっと学業に

費やしているわけではないと思いますが、

 

例えば大学卒業後とかでも勉強すると思うし、

本を読んだりするのも一種の学業だと思うので

トータルとしてそのまま16年にしました。

 

 

ってことで現時点で

これらのことに使っている時間の合計は

コミコミで78年です。(100歳まで生きるとして)

 

 

おいおい、マジかよ・・・

って感じですよね。

 

人って思っている以上に

多くの時間を他のことに費やしているんですよね。

インターネット

 

最後にインターネットを触る時間を計算するんですけど、

これはぜひ自分で計算してみるといいかもしれませんね。

 

自分が最近、

どれくらいインターネットを使っているのか。

 

この調子で使うと

生涯どれぐらいインターネットを使うことになるのか。

 

 

今回は、

平均に基づいて計算してみますが、

 

この数字よりも少ない、多い、で

どの程度がなんとなくわかるかと思います。

 

で、肝心の平均なんですけど、

全世代でみると大体1日100分くらい。

 

もちろん、

若い人ほど、この数字よりも多いでしょうね。

 

YouTubeとかSNSとか

何時間でも使ってられますからね。笑

 

少し話がそれたので戻しますが、

1日100分を1年間分で計算してみるみると、

 

100(分/1日)×365(日)=36,500分608時間

 

で、スマホとか使っていくのを

中学生から(13歳)から

少し控えめに60歳まで使ったとすると、

 

608(一年間で使う時間)×47(年数)=28,576(時間)

 

28,576時間インターネットに費やしているんです。

 

28,576時間ですよ!?

めちゃくちゃな時間インターネットに

使うことになりますよね。笑

 

最近の高校生とか

普通に5時間とか使ってますから

そうなるともっとですよね。

まとめ

 

ここまで

いろんな計算をしてきました。

 

いかに僕たちが他のことで

無駄(無駄ではないですが)に

時間を費やしている

ということがわかったかと思います。

 

限りある人生の中で

受動的に過ごして

薄い人生を送りたくないですよね。

 

時間は限られているんです。

 

僕たちはあまり逆算して

考えることが少ないから

どうしても時間はたくさん残っていると

勘違いしてしまったりするし、

 

無駄に1時間、2時間と

過ごしてしまうことも

多々あるかと思います。

 

しかし、ここまで読んできて

 

時間がいかに限られているのか、

どれほど時間は日々削られているのか、

 

ということが実感できたかと思います。

 

一瞬、一瞬をしっかりと

大切にすることが重要ですよね。

 

何も、

 

「時間がもったいないから学校をやめる」とか

「時間の無駄だから飯も家事も掃除をしない」だとか

 

そういうことを

言いたいわけではありません。

 

ただ、知ってもらいたいことは

時間は決して戻ってこないということ。

 

戻ってこないからこそ、

よく考えて日々行動するようにしましょう。

 

夢やビジョンに向かって、

常に行動していきましょう。

 

他の人がいうことに必ずしも

耳を貸さなくてはいけないということではありません。

 

なんせあなたには

時間がないですからね。

 

もしかしたら明日死ぬかもしれないし、

数時間後にはこの世にはいないかもしないんです。

 

だからこそ、

時間を無駄にしないで

大切にしていきましょう。

 

貴重なあなたの時間を

使ってしまいましたが、

 

人生の質を高めていけるように

応援しています。

 

それでは!

 

マインド
スポンサーリンク
スポンサーリンク
もしこの記事を読んで役に立った!と思われたら、SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
こっきーをフォローする
スポンサーリンク
俺得大学

コメント

タイトルとURLをコピーしました