マルチタスクがもたらす最悪な恩恵とは?エッセンシャル思考の重要性

マインド

こんにちは、こっきーです。

 

ひとつのことに集中して取り組む

ってすごく大切です。

 

これは「エッセンシャル思考」と言われるものなんですが、

人間って自分のエネルギーに限界がありますよね。

 

それは例えば体力だったり、

気持ちだったり、時間だったり。

 

どんなに頑張っても

一定の量しかエネルギーが出ないので

1日に使えるエネルギーは限られているわけです。

 

ちなみに反対の意味を持つ言葉として

「マルチタスク」というものがあります。

 

一度に複数の作業をやることです。

 

なんとなく「マルチタスク」って

賢いイメージだとか、

できるビジネスマンって感じがしますが

 

心理学の観点から見ると

実際のところあまり良いものとは言えないらしいですよ。

 

「マルチタスク」は

体にも悪影響を起こす研究結果がある

というのも聞いたことがあります。

 

僕自身も元々、

マルチタスク思考を無意識に持っていて

 

例えばYouTubeの動画を見ながら

宿題や課題をやったり、

 

スマートフォンをいじりながら

本を読んだりしていました。

 

でも、結果としてうまく進みませんでしたね。

 

全部中途半端になって

ひとつのことに集中できないから

そのとき学んだ内容を全く覚えていないみたいな。笑

 

そんなこんなで、ようやく

マルチタスクがいけないことだって気づきました。

 

あれ、結局ひとつひとつを

集中的にこなしていった方が早いじゃん!

って感じです。

 

そこで僕が新しく取り入れたのが

「エッセンシャル思考」というものです。

 

未だにこの思考を持ちながら

日々のタスクをこなしています。

 

例えば、心理学の中でも

「集団心理」について学びたいな

って思った時に

 

もう他のことは捨てて

集団心理の本だけを読みまくるんですね。

 

本の読んだ量を重ねるうちに、

あーーこの本も同じこと言ってるじゃん。

となってきます。

 

回数をこなしていくうちに共通点とか、

同じようなクセがあることに気づいてくるわけです。

 

で、その何度もでてくる話や言葉

っていうのがとても大事なわけで

 

今回の例で言うと

集団主義の本質的な部分なんですね。

この部分を深く学んでいくことで

手っ取り早く成長することができます。

 

あとはその学んだことを元に

実践に活かしてみて改善を重ねるだけ。

 

すると、いつの間にか

その知識が常識に変わっていくようになります。

 

・・・と、いう感じで、

他のことを除外して

 

ひとつのことに集中して

取り組んだからこそ見えてくるんです。

 

まさにエッセンシャル思考さまさまですね。笑

マルチタスク思考のままだったらできないことなんです。

 

だから、ひとつのことにフォーカスをおいて

集中して作業に取り組んでみると

今よりも効率的に知識を吸収できるかも。

 

参考程度に一度試してみるのもアリですね。

 

 

宿題や課題をやるときでもいいですし、

SNSをいじるならそれだけにしてみたり、

本を読むならそれだけに全力で取り組んでみたり、

そういうのでも全然結果が変わってくると思います。

 

やるべきことを探すのではなくて

やらないことを決めることが大事なわけです。

 

僕はそれで成長することができたし、

ひとつに集中して全力で取り組んだことで

圧倒的なスピードでタスクをこなしています。

 

めちゃくちゃコスパがいいのでオススメです。

 

それでは!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました