作業効率&速度を数倍にする最強な方法(諸刃の刃ver.)

心理学


こんにちは、こっきーです。

 

今回は、作業効率や作業速度を底上げする方法について

諸刃の刃バージョンとして

説明していきたいと思います。

 

結論から言うとその方法はズバリ、

・腹を空かせた状態で作業する

・声に出して自分の世界を作る

です。

 

初めに言いますが、

これらの方法はタイトルの通り、

諸刃の刃のやり方なので

あらかじめご了承ください。

 

しかし、これらは事実ですので

場所や状況に応じてこの方法を実践するといいかもしれません。

◎腹を空かせた状態で作業する

 

まず、前提として脳というのは

ブドウ糖をエネルギーとしていて

ブドウ糖を摂取することで血糖値が上昇させ、活動しています。

 

「腹が減る」という状態は

腹の中の胃がからっぽになったときに

 

胃から脳へ信号を送り

「腹が減ったぞ」

ということを教えます。

 

その後、

脳は自分に

「空腹だぞ!動いて活動しろ!」

と合図してきます。

 

腹がグーとなるのも

その合図の一種と言えますね。

 

逆に、

腹が満たされているとき、

ボーとするという経験がありませんか?

 

「眠くなってくるし・・・」

「なんか作業が集中できない・・・」

 

これら二つの作用の関係というのは

我々の本能からこのような機能が働いているのです。

 

昔は、皆さん知っての通り、

我々は狩猟をして生きてきました。

 

この時代、今ほど豊かではなく、

腹が減る=餓死

という状況でした。

 

つまり

腹が減ったときほど

本気で獲物を捕えなければならない状況にあり

集中力を極限まで高める必要があるタイミング

と言えるのです。

 

僕自身も実は昼食を抜いています。

その方がそれからの活動に集中できるからです。

この方法を試してから

昼食の後に現れる睡魔にも

襲われることも無くなりましたし、

 

昼食を作る時間、

昼食を食べる時間、

昼食の後に片付ける時間(皿洗いetc.)

 

などといった時間をなくし

時間的余裕もできるようになりました。

 

その余った時間

自分は他の人よりも勉強することもできるし

本を読み知識をつけることもできます。

 

まさに

Win-Win(ウィン ウィン)の関係なんですね。

(集中力UP-時間的余裕Get)

 

ただし、

ここで注意してほしいのが

極端に食事を抜くことはしないようにしてください。

 

僕も朝食は午前から午後の活動を活発させるために

脳にブドウ糖を与える意味でちゃんと摂っていますし、

 

あまりにも食事を禁止にすると

かえってイライラが増し

逆効果になる可能性があります。

 

何事もやりすぎは注意です。

食事の頻度には十分注意して

自分に合った頻度で食事を適切に

行いましょう!

◎声に出して自分の世界を作る

 

 

幼い頃、

人形やおままごとで遊ぶ時に

声に出して遊んでいた記憶はありませんか?

 

ちなみに僕は小さい時、

LEGOにはまって

自分の世界に入っていました。

 

LEGOっていいですよね。

細かい作業で器用になるし

自分で様々なものを作れるから

想像力が豊かになります。

 

レゴといえば名古屋にレゴランドがありますね。

 

正直言っちゃえば、東京(千葉)のディズニーランドや

大阪のUSJみたいなテーマパークとはなりませんでしたね。

 

行ってみれば非常に楽しいところだとは思いますが、

なんで他のテーマパークよりも

栄えないんでしょうかね、、、

(僕もまだ行ったことがないのですが、、、)

 

話がめちゃくちゃ逸れましたけど、

幼い頃は声に出して遊び

自分の世界に入っていましたよね。

 

でも、残念なことに

成長するにつれ

少しずつ声に出して作業をする

という機会が失われていきます。

 

やはり、

周りの目というものを気にするようになり

なかなかこのようなやり方でできなくなっている

状況にあるということはわかります。

 

しかしながら

集中したい時に

声を出しながら行うことで作業効率が何倍にもなるんです。

 

例えば、

勉強をする際に

 

「ふむふむ、◯◯がこうなって・・・」

「え、◯◯はこんなことしたの!?」

「◯◯ということは・・・」

 

という感じで実況するかのように声に出していくことは

かなり効果的です。

 

喋っているから当然眠くはなりませんし、

集中力を高められると同時に、

アウトプットもすることができます。

 

いいことづくしですね。

 

ただしこれにも注意点があります。

みなさん、お分かりでしょうが、

声を出して作業をするというのは

周りにも影響を及ぼします。

 

くれぐれも場所やその時の状況などに

気をつけて

行うなら自宅だったり

一人で活動している時などをオススメします。

さいごに

 

今回は、作業効率&速度を数倍にする方法(諸刃の刃ver.)を紹介しました。

 

最初にも言った通り、

これらの方法は確かに効果的です。

 

しかし、

諸刃の刃とタイトルにつけたように

普段から日常的に使えるやり方ではなかったり、

きちんと管理しなければならないものであったり、

 

なかなかイレギュラーなものが多かったと言えます。

 

実践しにくいというデメリットはありますが、

実践すればそのデメリット以上の価値がありますので、

 

場所や状況を選んで、適切に集中力を高めて

作業効率&速度を底上げしちゃいましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました